老けて見られるかは目元次第です

乾燥しやすい目元、特に小ジワが気になるという方は多いかもしれません。目元に小じわがあるだけで、見た目年齢も5歳は老けて見られてしまうものです。目元は皮膚が特に薄くデリケートであるため、どういったケアがいいのかわからないという方も多いでしょう。今回、そんな目元のケアの方法について紹介します。

目元はどうしてダメージを受けやすいの?

目元の皮膚は頬と比べると、なんと1/3から1/4程度の薄さしかないことをご存知でしょうか。皮膚が薄いことで水分保持力も低くなりますし、外的刺激からお肌を守るバリア層も薄くなり、老廃物を含んだ血液が透けて見えてしまいます。これが、乾燥・小じわを生み、色素沈着を起こした茶グマ、そして青グマを引き起こす原因となるのです。また、保湿のためにアイクリームを塗ったり、目元のマッサージを行って血行を改善するのは乾燥や青グマ対策にはいいかもしれませんが、繰り返しやることで目元全体の老化につながる恐れがあります。

目元のケア方法について

では、どのように目元をケアしていけばいいのでしょうか。頬など他のパーツと違い、皮膚が薄く皮脂腺も極端に少ない目元は、保湿をしっかり行うことが一番大切です。美容液や乳液に美容オイルを混ぜてたっぷり保湿したり、アイクリームを目元にたっぷりのせることがいいでしょう。その他、コットンに保湿化粧水を含ませて2、3分ほどパックしたり、ホットタオルを30秒ほど目元にのせて血流を改善する方法もお勧めです。リラックス効果もありますので、一日の終わりに目元を優しくケアして一息つきましょう。

品川美容外科の告訴について調べる